Copyright & 2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
 無断転載を禁ず
Google
WWW を検索 げきだんしらかば を検索


◇劇団白樺2006年05月30日 15時24分27秒

1985年当時、西二条通りの一角の地下にあった「スケアクロウ」という喫茶店の店員と常連客との不思議な関係。
当時、店長だったY姉は帯広でもカリスマ的な存在で、時代に敏感な人たちが一目を置く存在だった。

スケアクロウの常連客は、ごく当然のようにY姉弟と仲良くなり、一種のコミューンのような状況があった。

10代後半の常連客は、大半が定職をもたずにその日暮らしをしていたが、誰かが日銭を稼いでくれば、閉店後に酒を買ってY姉弟宅で朝まで煙草をかけてカードをしたり、夜中のドライブに興じたりして遊んでいた。


  定番は安いジンやウォッカ。
  音楽はいつもムーンライダース。
  車の中でみんなで大声で歌ったり、
  男女の関係なくメイクをして写真撮影してみたり、
  夜中の校庭でロケット花火をしてみたり…


そんないいかげんな連中が、ある日「劇団白樺」を名乗りだす。命名の由来は、Y姉弟の住むアパートの近くにあった、店主が首吊り自殺をしたという噂の居酒屋。

友達が友達をよんで、一時期は10人くらいがY姉弟のアパートに毎日のように集い、みんなお金がなくても平気だったのが不思議なくらいだった。

「劇団白樺」が活動(?)していた1年は、実際には演劇活動などまったくやっていなかったけれど、まるで冗談のようで毎日の生活そのものが演劇のようだった。

◇スケアクロウ2006年05月30日 16時59分57秒

1985年のことだと記憶する。

北海道帯広市西二条南8丁目に、「スケアクロウ」という喫茶店があった。
Y姉弟がやとわれ店長として働くその店は、当時飲食業界がピークにあった帯広の「まち」の中でも、異色な存在であったように思う。

料理も、タイムの香りがきいたカレシンカファというチャーハン(Y姉の当時の話によると、アフリカ料理との説明があったような記憶があるが、真偽の程は定かではない)やドライカレーなど、田舎町の帯広ではめずらしいメニューがあり、他の飲食店とは一線をおいていたように思う。カレー風ドリアの様相を呈したドライカレーは絶品だった。

流行の音楽が常に流れ、店員と客はいつも面白いものを探していた。

店自体は1年半ほどでなくなってしまったが、強烈な印象をもって記憶に残っている。

◇かじのビル2006年05月30日 17時25分10秒

帯広の西二条に、かじのビルという古い古いビルがある。
1980年当時で古かったのだから、今はもっともっと古いのだろう。

一階は、魚などを販売する市場のようなスペースで、とうてい 高校生が足を運ぶような場所ではないように見える。

しかし1980年当時、二階は一階とはまったく異なる世界であった。
二階にあがると、西二条の本通り側にPicoという女子高生に人気の喫茶店があった。
その隣は、45rpmというブランドブティック。
1980年代は国内ブランド全盛の頃で、45rpmはその中でも一風変わったデザインが人気だった。
当時戸川純やYMOなどが好きな人たちの御用達だった。

Picoと45rpmの向かい側、ビルの奥の方には、スウェット(だったと思う)という、雑貨の店があり、店主の趣味をうかがわせるキッチュな雑貨が綺麗に陳列されてあった。

そのフロアの一角には、なぜか毛筆や柿の葉茶などを売る、しぶい店があり、場違いな雰囲気を漂わせていたが、ここの面相筆はとても品物がよく、当時イラストを描くのが趣味だった私は、ひそかに注目する店だった。

市場のような一階とおしゃれな二階の格差がはげしく、異質な空間だったが、しょっちゅう通っていた記憶がある。

◇西二条通りの廉売 マルヒロセンター2006年05月30日 17時30分39秒

帯広の西二条にある、かじのビルとその隣のビルの間だったと記憶する(不確か(^^;))。

ビルとビルとの間の、人が二人も並べばきついくらいの幅のスペースに、廉売 マルヒロセンターはあった。
昔からあるお店が多く、年配向けのおしゃれグッズが売られていた。

しかし、時は80年代半ば。蛍光色が流行したその年、それまで年より向けだったシースルーの蛍光色スカーフが人気で、廉売で一枚80円くらいで売られていたので、よく廉売に通った。
そのほかにも、アナクロキッチュなアイテムが多く、「なんでこんなものに若いものは…」と廉売のおばちゃん達は思っていたに違いない。
ものすごくくだらないものに、愛着を感じる時代だった。

帯広の「まち」が「街」でなくなりつつある昨今、西二条には足を向けなくなってしまったが、かじのビルはまだ健在と聞く。

廉売もまだあるのだろうか…。

◇Docco Inn / Pico2006年05月30日 17時41分18秒

帯広の広小路に、細い階段を上る「Docco Inn」という喫茶店が昔あった。
1980年代当時の高校生に人気の店だったが、制服での喫煙や飲酒が店員に容認されているとして、学校では出入禁止指定の店だった。

姉妹店にはかじのビルの中にある「Pico」という店があり、80年代的西海岸風のイメージのあったそちらの店の方が、どちらかというといい男もそろっており、女子高校生に人気があった。
「Docco Inn」はカウンターだけの狭い店で、男性客の方が目立っていたように思う。

当時の帯広は、バンドをやってる人や「まち」の店で働く人と懇意になるのが、一種のステイタスのようなところがあり、学校で禁止されている店の常連になるということも、流行に貪欲だった帯広人の心をくすぐっていたように思う。

ゆであげスパゲティなど一般的でない時代。
DoccoやPicoの人気メニューは、ゆでて保存してあるスパゲティを、さまざまなソースで炒めて作るスパゲティだった。
納豆ののったジャポネや中華風の味付けのものなど、ナポリタン、ミートソースが一般的だった喫茶店のメニューとしては、なんとなくおしゃれ感をくすぐる何かがあったように思う(今思うととんでもないが)。

PicoよりはカウンターだけのDoccoの方が常連になる確率も高く、親友のMと共に高校時代~卒業して1年くらいまで通った。

◇白い地下2006年05月30日 17時56分11秒

白い地下の看板イメージ。暗闇にうかぶ「黒いネクタイの娘」
暗闇に浮かぶ白い地下の看板イメージ。こんな感じでなかったかなあ。


帯広の駅がまだ北側の方がにぎやかで、大通りと西五条に弧線橋があった頃。
駅から線路沿いに大通りの弧線橋下に向かう道の途中に、こつぜんとモジリアニの「黒いネクタイの娘」の看板がある店があった。

あのあたりは他に店もなく、閑散とした通りだったので、暗闇にいきなりモジリアニ独特の黒目の女性の決して明るくない絵があると、非常にびっくりした。

店の入口を覗いてみると、階段だけが地下に伸び、階下に赤い電球が不気味にともっている
階段を下りた先がトイレで、赤い電球はその電灯なのだ。
トイレを中心に左右に分かれて、店が向かい合っていた、その左手が「白い地下」だった。

1985年当時、白い地下の向いは「狸穴」という名前の店だったが、その入口は木材で閉じられていた。
そこの店主が店で首吊り自殺をして、そのまま閉鎖されているという噂があったが、真偽は定かではない。

「ロシアパプ」と銘打った白い地下は、お通しに湿気った「かっぱえびせん」が出てくる。
店主のOさんは「うっと」というため息とも独り言ともつかない声と共に、テーブルにかっぱえびせんの入った容器を置いていく。

メニューはカクテルを中心に、“ウオトカ”などが数種置かれている。
ここのビーフストロガノフは意外においしかった。

薄暗い店内は湿気ったかびのにおいがちょっとしており、天井や壁には、ところ狭しと古い映画のポスターが貼られている。
看板の「黒いネクタイの娘」とロシアとはまったく無関係らしく、店主の趣味らしい。

劇団白樺のメンバーと通ううちに、店主のOさんとも懇意になり、映画が好きで自主制作映画も撮っていた人らしい。

劇団白樺のメンバーがちりぢりになり行かなくなってしまったが、私も帯広を離れてから一度だけ帰省した折に行ってみた。
でも、Oさんは私たちのことは覚えていない様子だった。

帯広駅前の再開発で、いつのまにかなくなってしまったようだが、今でもあの少しかびくさい匂いが懐かしく思う。

◇酢とクエン酸2006年05月30日 23時00分01秒

友人から「クエン酸の効果に驚き」というメールをもらった頃、私は酢水を台所用洗剤として利用していた。クエン酸の効果については知っていたが、その当時はまだまだクエン酸は酢にくらべると高価だった。
しかし、最近になって掃除用として、粉末のクエン酸が安価に出回るようになってきて、酢の方が割高になりつつある。

「重曹でお掃除」などなど、最近は合成界面活性剤を使わない掃除や台所の掃除方法が注目されつつあるが、最初の頃は「重曹とクエン酸を利用して…」と書かれていたのに、最近出回っているものは大抵「重曹と酢を利用して」と書かれている。
いったい何が違うのか?

酢は酢酸でクエン酸とは違う種類の酸であることは分かっている。
クエン酸自体は自然素材由来の材料で作られたもので、口に入れても安全であるということもわかっているが、もともと食材として利用されてきた酢とくらべると、なんとなく酢の方が安全度が高いような気がしたりする。

そこで、酢とクエン酸を比べてみた。


■酢

酢を同量の水でうすめて、スプレー容器に入れて使ってみた。
まず、台所のシンクがぴかぴかになる。
排水口のところのゴミ受けや、その下のねずみ色の器具なんかも、酢水をスプレーしてちょっとおき、スポンジでこすると、みるみるうちにぬるぬるがとれる。
我が家の水きりかごは、油断していると水受けのところに赤いぬるつきが発生するが、酢水で洗うようになってからは、その発生がなくなり、汚れもつきにくくなった気がする。
蛇口周辺の水あかのどろどろも、スプレーして水で流すだけでごそっととれる。

ただあんまりよく落ちるので、あちこちにスプレーしまくっていたら、すぐに500mlくらいは使ってしまう。もう少し薄めて使ってもいいかもしれないとも思う。


■クエン酸

5%のクエン酸溶液を作り、スプレー容器に入れて使ってみた。
効果は酢とあまりかわらないが、汚れのつきにくさは酢の方が良いように思う。酸の濃度自体が厳密でないので、酢と比較するには酢で利用していた酸の濃度を調べる必要があるが、クエン酸の容器に書いてあった説明書きには「4%~5%」と書かれていたので、それ以上濃くするのに躊躇した。

一番酢との違いを実感したのは、こげつきの落ちやすさだ。
10年間水洗いのみで、セラミック化していた灰皿のこげつきは、どんなにたわしでこすっても落ちなかったのだが、5%のクエン酸溶液をスプレーして5分ほど放置したところ、綺麗さっぱり落ちてしまった。
酢でも試してみたが、ここまでは落ちなかった。

ただ、昔あった粉ジュースのような匂いがするのが気になる。ちょっとならいいのだけど、長くかいでいると気分が悪くなる。
酢の匂いの方に慣れてしまったからかもしれないが、私はあまりこの匂いは好きではない。


★注意したいこと
酢もクエン酸も“酸”なので、アルミ製品への使用はしない方がいいらしい。クエン酸の容器にはその旨の注意事項がなかったのだが、アルミの鍋は何度か洗っているうちに溶けてしまう。
うちでは、ステンレスの雪平鍋のごけつき落としに利用したところ、取っ手と鍋本体をジョイントしていた金具はアルミだったらしく、一回で溶けて取っ手がとれてしまった。
ちなみに取れたときはクエン酸を使用したときだが、それまで酢も利用していたので、どちらのせいかは不明。

クエン酸は容器に注意書きがあるので、概ねそれに従って使用すればいいが、酢はもともと洗剤として使用するものではないので、やはり注意が必要かと思う。特に漂白剤などと併用すると、場合によっては有毒なガスが発生する可能性もあるので注意したい。


●どちらがいいか

はっきり言ってしまえば、酢でもクエン酸でもどちらでもいいとは思うが、私は酢の方が使いやすいと思った。クエン酸はたいてい粉末の状態で販売されているので、溶液を作るときにいちいちはかったりして面倒なのだ。
酢だと、適当にどばどば入れて使えるし、食用とは別に洗剤おきばに一本おいておくだけで、野菜のあくとりからまないたの消毒まで利用できる。もともと液体なので、自由にその濃度を変えられるのも魅力だと思った。

------------------------
その後の記事はこちら
http://makura.asablo.jp/blog/2009/10/21/4644475

◇重曹で食器洗い2006年05月30日 23時32分11秒

最近よく見かけるの台所用洗剤は、すすいだときにすっきりと洗剤分が落ちる感じがし、プラスチックの油汚れもきゅっと落ちるというもの。
わたしも「すすいだ瞬間~♪」などとCMしている洗剤を使用しており、最近そのシリーズに「クエン酸配合」というのが出ているので、それを利用している(これもアルミの鍋は大丈夫なのだろうか… ちと不安)。

最近は自動食器洗い機も一般化されてきており、その利用率もどんどん増えつつあるようだが、うちでは「そんなの必要ないよ」の一言で買ってもらえない。
すきっとすすげる洗剤のいいところは、本当にすきっとすすぎができるというところだが、ちょっと疑問が残る。
それはすすいだときにすきっとするかわりに、食器に膜がはられているように感じるのだ。

台所用洗剤を石鹸に変えた人は、「合成洗剤を使っていると、食器に膜がはられているので、石鹸にかえたときにしばらくその膜がとれてぬるつきが残るけど、しばらくすると解消する」と言っていた。
私も以前、食器洗い用の石鹸というのを利用したが、どの製品を使ってもどうしてもすすいだ後のぬるつき(ねばつきといってもいい)がいつまでたってもおちないので、家族の反対に合い石鹸を使用するのは断念したのだ。
そこで、最近重曹を台所用洗剤の代わりに利用するというのが注目されてきており、専用の重曹が比較的安く入手できるようになったので、私も使ってみた。


■重曹だけで洗う

これまでは、スポンジに直接洗剤をつけて洗っていたが、重曹は研摩効果もあるので、できるだけ摩擦を少なくするため、洗い桶に溶かして利用した。2リットル程の水に、重曹の粉末を大さじ1程度入れてみた。
たしかに汚れは落ちるが、油汚れがすっきりしないように感じた。
皿の裏などの油膜がなかなか落ちない。


■重曹と台所用洗剤をまぜて洗う

油汚れの落ちに不満が残るため、重曹溶液の中に台所用洗剤をまぜて利用してみた。
2リットルの水に重曹大さじ1くらいと、台所用洗剤をすばやく桶2周程度入れた。
食器を溶液にひたした時には、ちょっとぬるつきが気になるが、すすぐとそれはすべて洗い流される。
すすぎも早く、「すきっとすすげる台所用洗剤」よりもずっとずっと「すきっと」すすげる。
水の切れも早く、食器ふきも楽だった。


★クエン酸と併用する

台所用洗剤は、手の荒れを防止するために中性になっているが、もともとあの手の洗剤はアルカリ性だったはずだ。
石鹸だってアルカリ性だし、重曹もそうだ。
アルカリ性と界面活性で油と汚れを落とすのだと、私は思っているのだ。
重曹とクエン酸を併用するという方法は、重曹の掃除方法を書いたものによく登場するやり方だけれど、アルカリ性である重曹に酸性のクエン酸をまぜれば、量が同じであれば中性になる。
クエン酸を足すことによって発生する重曹の泡が、界面活性剤の役割をするのかもしれないが、どうも納得いかないのでまだ試していない。

今度試したら、報告します


------------------------
その後の記事はこちら
http://makura.asablo.jp/blog/2009/10/21/4644475



Copyright ©2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
無断転載を禁ず