Copyright & 2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
 無断転載を禁ず
Google
WWW を検索 げきだんしらかば を検索


◇記憶の底にひそむ焼肉屋2006年06月02日 01時40分51秒

帯広は焼肉がうまくて安い土地だと思う。

先日、帯広では老舗といわれる「平和苑」という焼肉屋(ちょっと上等な店)に両親と妹夫婦と6名で出向き、焼肉盛り合わせだの、豚足だの、ジンギスカンだの、タン塩だの、レバ刺しだのをしこたま注文し、ビール、焼酎ボトル、日本酒をさんざん頼んで2万円ちょっとだったのにはびっくりした。
詳細を見ると、お銚子一本350円だった。

関東だと○角なみの値段か? 少なくとも牛○よりは肉はずっと上等で量も多い。

1985年当時、私たちはとても貧乏だったが、ちょっとお金が入るとみんなで焼肉を食べに行った。
当時、西一条11丁目か12丁目の裏通りに、一件の焼肉屋があった。
炭火焼の店ではなかったけれど、ここの肉は安くてうまく、20歳前後の私たちでも、気軽に食事をしてビールなども飲むことができたのだ。
有名な店ではなかったし、場所も駅前の裏通りと繁華街からもちょっと離れていたので、いつ行っても混んでいて入れないということはなかった。

関東ではあまりおいている店はみかけないが、帯広の焼肉屋ではミノの刺身がメニューにたいていある。
つけダレが店ごとに違っていて、ゴマ風味だったり、ちょっと辛いタレだったりと色々だが、そこの店のタレはゴマ風味で絶品であった。
今でもここのミノ刺しの味は忘れられない。

その店は1987年前後に閉店してしまったので、もうあの味を味わうことができないのが残念だ。

なのに、どうしても店の名前が出てこない。
数年前までは覚えていたはずで、友達との会話でも「○○苑のミノ刺しはうまかったよねー」と話していたはずなのだ。
一緒に行っていた友達と先日「あの店、なんて名前だっけ」と聞いても、その友達も忘れてしまっていて、二人で記憶の呪いがとけないままでいる。

◇フードセンターの思い出2006年06月02日 01時55分28秒

帯広の繁華街のど真ん中に、フードセンターというスーパーマーケットがある。
通りをはさんだ向いがわにも同じような規模のスーパーマーケットがあり、1985年頃ではめずらしく夜中まで営業していた。
当時の帯広には、コンビニエンスストアというものは存在しておらず、市内でも24時間営業している店は郊外に2件ほどしかなかった。

1985年のある日、帯広市民会館に戸川純さんのコンサートが行われた。「好き好き大好き」ツアーだったと思う。

当時の市民会館の関係者出入口は、一般でも簡単にいける場所にあったため、コンサートに出向いた人の多くは、コンサート終了後出待ちするためそこにたむろしていたが、私と友人Kはそのままカラオケかどこかに行ってしまった。

時間は12時近かっただろうか。
私たちはお腹がすいていたけど、お金もなかったので、白飯と桃屋のザーサイを買って帰って食べようということで、フードセンターに向かった。白飯に桃屋のザーサイは、当時貧乏だった私たちのごちそうでもあった。

惣菜コーナーでふとふりかえると、見たような顔の男性が通り過ぎる。
あっちにももう一人。
当時の戸川純さんのバックバンドであったヤプーズのメンバーがうろうろしているのだ。
私たちがじっと彼らを凝視していると、泉水敏郎さんが通り過ぎ、吉川洋一郎さんが「なんなんだ?」と戸惑った顔をしてそそくさとその場を立ち去っていった。

私たちは惣菜コーナーの前で、白飯を片手に抱えて振り返りざまに彼らを見ていたので、その様子は異様なものだったのかもしれない。

「純ちゃんが買い物に来ているはずだ」

そう確信した私たちは、パンフレットにサインをしてもらおうと「マジック! マジック!」と叫ぶと、惣菜コーナーのおじさんがすっとマジックを差し出してくれた。
そのかっこよさは、今でも後光がさしている印象で記憶に残っている。

歯ブラシ売り場で戸川純さんが歯ブラシを抱えているのを見つけ、私たちはその日のコンサートのパンフレットにサインをしてもらった。
戸川純さんの指にゴールドのマニキュアが輝いていたのを、今でもはっきりと覚えている。

翌日、コンサートに行って出待ちをした別の友人に話を聞くと、出待ちしていたけど結局会えなかったのだという。
私たちはなんと幸運だったのだろうか。
そして、マジックを貸してくれた惣菜コーナーのおじさんには、感謝しても感謝しきれない。
なぜなら、そのときマジックを買っていたら、私たちは桃屋のザーサイが買えず、おかずなしの白飯を食べなければならなかったからだ。

今でもそのときのパンフレットとコンサートチケットは、私の宝物だ。

※修正20100617
その後、このお店はフードセンターではなく、向かいのフクハラであることが判明。

◇十勝川温泉 大平原2006年06月02日 02時23分11秒

十勝川温泉は、世界でもめずらしいモール温泉という泉質の温泉で、美人の湯としても有名だ。
風呂の中にもやもやとした「湯の花」があり、入ると肌がつるつるになる。

帯広市内から、今でこそ30分程度で行くことができるが、1985年当時はもう少し時間がかかったような気がする。
今では、帯広よりもずっと開発されている十勝川温泉のある音更町も、当時は場所によっては民家もまばらなところが目立った場所だった。

昼間仕事をしたりだらだらしたりして、だいたい夜に活発な行動をしていた私たちは、さんざん遊んだ後夜中に突如として「風呂はいりてーな」と誰かが言う。
メンバーの誰かが車で来ていれば、それが夜中の2時であろうが3時であろうが、すぐに十勝川温泉ツアーが慣行される。

今では、日帰り入浴のある温泉ホテルもめずらしくないが、この当時は日帰り入浴さえもめずらしかった中、十勝川温泉の「大平原」は、1985年当時24時間日帰り入浴可の貴重なホテルだった。
夜中はすいていて、私たちのほかに客がいないことの方が多かった。
1時間ほど入浴し、だいたいロビーでテーブルゲームをして、4時か5時頃までだらだらし、家路につくというのが定番だった。
このころ、大平原のロビーにあったのは「パックランド」だった。

十勝川温泉も、観光地開発の一環として老舗のホテルも軒並みリニューアルしていく中、大平原もその例にもれず綺麗に改装されているらしい。
風呂も今では、サウナやウォータースライダーなんかもあるようで、日帰り入浴の営業時間も24時間ではなくなってしまっている。

現在の十勝川温泉大平原のHP
http://www.daiheigen.com/index.html

◇老夫婦の喫茶店2006年06月02日 02時41分40秒

場所もどこだかはっきりしないが、帯広の西一条南5丁目あたりだったのではないかと思う。
このへんは帯広の中心街からも少し離れた場所だったが、1985年当時一件の古い喫茶店があった。
店の名前も思い出せないが、老夫婦が二人で経営していた。

店に入ると、古い大きなストーブがあり、お茶請けに六花亭のベビーチョコレートを出してくれた。
派手なBGMもなければ、派手な装飾もないその店は、おいしいコーヒーとしんしんとした落ち着いた雰囲気の、居心地の良い場所だった。

店にいた老夫婦は、客に話しかけるでもなく、自分の仕事を終えるとさっさと店の奥にひっこんでしまう。
しかし、お冷が少なくなったりすると、すっとやってきて水を足してくれる心配りはちゃんとしていた。
客を適当にほったらかしてくれるので、落ち着いてコーヒーを楽しむことができたのだ。
いつもわさわさとにぎやかな場所にいたので、たまにしずかな場所でコーヒーを楽しむことのできるその店は、憩いの場所でもあった。

3年ほど前に記憶をたどって探してみたが、とうとう見つけ出すことはできなかった。



Copyright ©2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
無断転載を禁ず