Copyright & 2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
 無断転載を禁ず
Google
WWW を検索 げきだんしらかば を検索


◇記憶の底にひそむ焼肉屋2006年06月02日 01時40分51秒

帯広は焼肉がうまくて安い土地だと思う。

先日、帯広では老舗といわれる「平和苑」という焼肉屋(ちょっと上等な店)に両親と妹夫婦と6名で出向き、焼肉盛り合わせだの、豚足だの、ジンギスカンだの、タン塩だの、レバ刺しだのをしこたま注文し、ビール、焼酎ボトル、日本酒をさんざん頼んで2万円ちょっとだったのにはびっくりした。
詳細を見ると、お銚子一本350円だった。

関東だと○角なみの値段か? 少なくとも牛○よりは肉はずっと上等で量も多い。

1985年当時、私たちはとても貧乏だったが、ちょっとお金が入るとみんなで焼肉を食べに行った。
当時、西一条11丁目か12丁目の裏通りに、一件の焼肉屋があった。
炭火焼の店ではなかったけれど、ここの肉は安くてうまく、20歳前後の私たちでも、気軽に食事をしてビールなども飲むことができたのだ。
有名な店ではなかったし、場所も駅前の裏通りと繁華街からもちょっと離れていたので、いつ行っても混んでいて入れないということはなかった。

関東ではあまりおいている店はみかけないが、帯広の焼肉屋ではミノの刺身がメニューにたいていある。
つけダレが店ごとに違っていて、ゴマ風味だったり、ちょっと辛いタレだったりと色々だが、そこの店のタレはゴマ風味で絶品であった。
今でもここのミノ刺しの味は忘れられない。

その店は1987年前後に閉店してしまったので、もうあの味を味わうことができないのが残念だ。

なのに、どうしても店の名前が出てこない。
数年前までは覚えていたはずで、友達との会話でも「○○苑のミノ刺しはうまかったよねー」と話していたはずなのだ。
一緒に行っていた友達と先日「あの店、なんて名前だっけ」と聞いても、その友達も忘れてしまっていて、二人で記憶の呪いがとけないままでいる。

コメント

_ makura ― 2012年03月29日 01時16分41秒

後日、別な友達の報告により、「万景苑」と判明。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
下記の文字を解答欄に入力してください。
しらかば

コメント:

トラックバック




Copyright ©2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
無断転載を禁ず