Copyright & 2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
 無断転載を禁ず
Google
WWW を検索 げきだんしらかば を検索


◇きんもくせいが香らない2012年10月15日 20時38分34秒

10月に入り、つい先週までは夏だったのに一気に秋になったなあと思っていたら、昨日の夜から晩秋に入ったような寒さになった。
10月1日に友達と足柄に酔芙蓉を見に行った時には、名残の蝉が鳴いてていたのだ。
今年は久々に残暑が厳しく長かったので、秋が足早に過ぎ去っていくような感じだ。時期的には違うが、北海道の夏から秋、冬にかけての季節感をちょっと思い出す。

旦那と私がそれぞれ仕事が忙しく、なかなか夜歩く時間もとれずにいるのだが、たまに時間を見つけて歩くようにはしている。
夏場はこと座のベガ、白鳥座のデネブ、わし座のアルタイルで形成される夏の大三角形が綺麗に見えていたし、うしかい座のアルクトゥルス、おとめ座のスピカ、カラス座、コップ座と続く夏の大曲線も見ることができた(この大曲線、高校の物理の先生が「うしかいアルクと乙女のスピカ、カラスもコップもついてくる」と教えてくれたのを未だに覚えているのだ。その先には私の一番好きな、みなみのうお座のフォーマルハウトがあるのだが、南のずっと低い位置にあることが多いので、住宅地ではなかなか見ることができない)。
秋に入りなかなか夜空が堪能できる天気に歩ける機会がないのだが、夜中にはすでに冬の王様オリオン座も見ることができる。

秋のはじめにあったブルームーンの日には、父が夜突然携帯に電話をかけてきて、「庭の鈴虫がすごいから」と鳴き声を聞かせてくれたりした。
父がそんなことをするのは珍しいし、父がそんな遅くまで起きているのも珍しいのだ。
それ以上に、庭の鈴虫がすごいのは私は30年前から知っていたので、父はそのことに気づくまで30年かかったのだろうかと思ったりした。
ごくごく身近にあるあたり前のことでも、仕事もリタイヤしてのんびりした気持ちでいれば、新しい発見として再認識できるということなのかもしれないとちょっと思ったが、せっかちであまりにも普段そんなことをしない父なので、旦那は「どこか身体の調子でも悪いのでは」と心配していた。
ふと、お盆で親戚が集まっていた時期の父の実家のあった山奥で、昼間は夏の虫が盛んでも、夜には秋の虫が大合唱してうるさいくらいだったことを思い出した。
夜に外に出ると一寸先は闇ばかりで、本当に妖怪がいるようなそんな場所だった。

今年は夏のはじめには、みかんやくちなしの花の香りがどこからともなく香ってきて、こんな猛暑になるとは想像もつかないさわやかな夏のはじめだった。
しかし、秋もすでに終ろうとしているのに、今年はきんもくせいの香りがしない。
マンションの駐車場の植え込みに数本きんもくせいがあるのだが、今年は外壁工事などでかなりすっかり剪定されてしまったようで、つぼみも確認することができないのだ。
しかし、マンションのきんもくせいだけではなく、あちこち回ってみるものの、きんもくせいの香りはどこにも感じない。
夏の猛暑で、すっかりだめになってしまったのだろうか。

冬に入るにあたり、あの香りを感じないと「よっしゃ、冬がくるぞ」という感じがしない。
「あー、そろそろ衣替えもしなければならないんだけどな」、と思っていても、「いやー、まだきんもくせいも香らないし」という感じなのだ。
でも、寒さは微妙に強くなってくるので、緊急でカーディガンをはおったり、肌かけ布団を出したりしている。

化粧品屋のおねーさんに、「もうあと三ヶ月もないですねー」と言われて、「あー、もう今年も終わりだ」と現実を直視してしまう。
せめてきんもくせいが香ってくれれば、なんとなく「よし」ってなれるのだけど。

◇金環日食2012年05月21日 12時40分00秒



今日は、待ちに待った“世紀の天体ショー”金環日食の日。
前回の皆既日食のときには、完全なる曇り空でまったく観測ができなかったので、今回我が家の期待は大きかった。
旦那は休暇をとり、老眼鏡を駆使した観察器まで自作していた。

しかし、関東地方の天気はあいにくの曇り。6時過ぎには局地的な豪雨まで降りだす始末。
この雨は6時20分になってもやむことはなく、あきらめムードの中で食の始まりはテレビで見ることにした。
和歌山県串本町や、高知県、長野県など、各地域での観測の状況がNHKで放映されるのを見て、うらやましく思う。


しかし、7時過ぎに雨はやみ、東の空には光芒が下りてきて、雲の切れ間が期待できる状況になり、7時25分過ぎに待望の太陽が見え始めた。
雲が厚いので、切れ切れでの観測。それでも金環の状況での撮影に成功した。

最初の写真は、食の撮影に成功した画像をアニメーションにしたもの。
とびとびだが、食が進む様子が観察できる。
残念ながら、旦那作の観察器の出番はなかったが、世紀の天体ショーに立ち会うことができて満足だった。

◇月齢14.3 今日も月暈2011年03月20日 05時32分03秒

2011年3月19日午後18時20分頃の月
2011年3月19日午後18時20分頃の月

今日は満月で、スーパームーンの日。

18時20分頃東の空で月を確認したときは、うす雲の中でぼんやり光って、赤い月暈をまとっていた。
NASAの発表では、14%大きく30%明るく見えるとのことだったが、なんとなく大きく感じるが、明るさは雲の関係でよくわからない。


2011年3月19日午後19時30分頃の月
2011年3月19日午後19時30分頃の月

空に高く昇ってくると、薄い雲があっても明るい月の光を感じる。
一時間前の月と違い、今度は大きな白い月暈をまとっていた。
小高い丘のような地形から撮影したので、眼下の町の明かりと比較して、月暈の大きさが判ると思う。
月の下に斜めに走っているのは、飛行機雲の跡。

◇月齢13.3 月暈2011年03月18日 23時30分32秒

2011年3月18日の月暈
 
満月はあさっての20日だが、低気圧が近づいているのか、非常に大きな月暈を確認。
横にある棒のようなものは、となりの建物のテレビアンテナである。

今日の月暈は、白っぽい光を放ってぼんやりしている。
先週は関東でも、早朝に幻日(太陽が二つに見える現象)が見えたり、大きな地震の前後で珍しい現象が確認されている。

明日とあさっての月は、地球と月の距離が一番近く、いつもより14%大きく30%明るく見える、「スーパームーン」と言われているらしい。
明日19日の月齢は14.3、あさって20日の月齢は15.3。

exciteニュース
NASA「3月19日のスーパームーンは14%大きく30%明るく見える」
http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20110317/Rocketnews24_81158.html

スーパームーンの前後は、天災がおきやすいなどというジンクスもあるらしいが、科学的根拠は一切ない。
地震との関連を言う人もいるが、月の干満による影響はあるかもしれないが、それがプレートなどに直接関係するという根拠はどこにもないらしい。

いずれにしても、明日から22日まで4日続けての大潮になるので、海に近い被災地の人たちは、十分注意が必要だ。

◇月齢15 NIKON P70002011年02月20日 19時27分48秒

2011年02月18日月齢15

18日の金曜日は、満月だった。
関東地方は風は強いが暖かく、それまで雲ひとつない空に凍えた月が浮かぶ姿が多かったが、この日の月は雲をまとって幻想的な姿を見せていた。
まるで、中世の絵画を見ているような気分。
風が強いせいか、空気も澄んで月光がまぶしいくらい。

今回、旦那が「カメラが欲しい」というので、NIKONのP7000を購入(バレンタインのプレゼントである。こんな高価なものを買う予定ではなかったのに…)。
一眼レフと比較されることが多いクラスのデジカメのようで、旦那もキヤノンの同じような機種と迷って、こちらに決めた。

2011年02月18日月齢15

月の光も綺麗に撮影でき、光学7.1倍ズームはモードによっては月の模様もはっきり撮影できるので、以前旅行用に購入したFUJIFILM FINEPIX F31FDよりは月の撮影が楽しめそうな仕様だ。


◇強風の朝の虹2010年04月02日 07時22分59秒

強風の朝の虹
 
夕べから、台風なみのものすごい強風。
雨戸のない我が家のベランダは、窓ガラスが割れるのではないかとひやひやする。
朝になると、晴れているのに雨が降っていて、太陽は黒い雲に隠れていたりする。
低い黒雲がもんどりうって、ものすごいスピードで流れていく。

ニュースを見ると、房総半島の電車は止まっているし、飛行機も欠航している様子。
バイクで通勤している旦那も、今日は電車で行くよう、駅まで車で送っていく。

家に戻った朝6時半、西の空に見事な虹がかかっていた。
朝の虹は雨を呼ぶ。
せっかく満開の桜が、この強風と午後からの雨でだいなしにならないといいのだけど。

◇月齢3.32010年03月19日 20時54分48秒

月齢3.3 2010.03.19
 
買い物に行き、スーパーの屋上駐車場から西の空に見えた月は、見事なお椀型の上弦の月であった。


今日の月齢は3.3。中潮の三日月である。
17日は月齢1.3の細い細い月と金星の大接近が見られたらしいが、見ることができなかった。
次に月と接近するのは、3月21日のすばるとの大接近らしい。
しかし、関東地方はこの日は荒天の予報なので、見ることができないかもしれず残念である。

今日は久しぶりの天気で、星空がよく見える。
そういえば、友人から「日刊イトイで、23日にムーンライダースの生放送ライブがある」という情報が飛び込んできた。
すばるとの接近は見られそうもないが、23日にはムーンライダースのライブが見られそうなので、楽しみだ。


ほぼ日刊イトイ新聞 moonriders LIVE
http://www.1101.com/store/hobo_reco/index.html

AstroArts 2010年3月17日 月と金星が接近
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2010/201003/0317/index-j.shtml

AstroArts 2010年3月21日 月とプレアデス星団が接近
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2010/201003/0321/index-j.shtml

◇月齢152010年01月31日 04時06分56秒

 
今年の満月は元旦だったので、今年二回目の満月。
正確には、月齢14.8らしい。

月が昇ってきたとき、月が昇る方向に向かってまっすぐの見通しの良い道を車で走っていたので、月がとてもきれいだった。
月のそばには、28日に地球へ大接近を果たした火星が、赤く輝いていた。

今日の月は、今年で一番地球に近い月らしい。
地球から見ても、一年で一番大きく見える月ということになるらしい。
距離でいうと5万キロ。

JanJanNews
http://www.janjannews.jp/archives/2484733.html

並べて比較できないけれど、一番大きく見える月と一番小さく見える月だと、見た目で十円玉と一円玉くらいの差があるとのこと。
比べてみられないのが、ちょっと残念。

9時すぎくらいから薄い雲が出てきて、春のようなおぼろ月夜になった。
今日は一日暖かくて、月を覆う雲も溶けてしまいそうな感じ。

旦那が写真を撮ったとき、月虹が見えたと言っていた。
Wikipediaで「月虹」を調べてみたら、『月虹がよく観測されるハワイ諸島のマウイ島では、これを見た者には「幸せが訪れる」「先祖の霊が橋を渡り祝福を与えに訪れる」と言われている。』とのこと。

Wikipedia「月虹」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E8%99%B9

今日は、節分前ぎりぎりの週末で、神社にお札をいただきに行っていた。
一緒にもらったお神酒を、亡くなったお義父さんの写真に供えた直後に見た月虹だったので、お義父さんが見守ってくれているのだといいと思う。

月虹の画像は、ちょっとだけレベルをいじって、月虹がはっきり見えるようにしたもの。
それでも、うっすらと赤くしか見えないのが残念。
googleで検索すると、いろいろと見事な月虹があって楽しい。

◇月齢15 中秋の名月(?)2009年10月05日 01時11分03秒

シャッタースピード優先で撮影した今日の月
 
 
毎年、「中秋の名月」は9月なのだが、今年はうるう月があるため「中秋の名月」が10月にずれ込んだめずらしい年らしい。
昨日の携帯のニュースで、20代の20%以上の人が、中秋の名月を「聞いたことがない」と答えたというアンケート結果を見た。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009100300065

しかし、「中秋の名月」という言葉を知っていても知らなくても、この時期の晴れた日の月は美しいと思えるし、若くても年寄りでも空を見上げて「美しい」と思える心だけは存在していると思いたい。

実際の「中秋の名月」である「十五夜お月様」は、今年は10月3日だった。
しかし、3日の関東地方は、あいにくの曇り空。

9月も10日を過ぎると、夜は涼しく空気も澄んでいて、外に出ていても風が気持ちよい。そんな空にぽっかり満月がうかんでいる様は、昔も今も変わらず美しい。
しかし、「中秋の名月」は毎年日にちが変わるし、15日に必ずあるわけでないのにどうして「十五夜」なのか。新月を0として、単純に十五日目あたりが満月だからだと思っていたのだが、どうやら違うらしい。
調べてみたら、「こよみのページ」というサイトに詳しく書いてあった。

旧暦だと、中秋の名月にあたる日は8月15日あたりである。昔の季節は、旧暦で1月、2月、3月が春。4月、5月、6月が夏。7月、8月、9月が秋。10月、11月、12月が冬ということになる。
8月は秋のど真ん中で「中秋の名月」、しかも満月になるだろう日は8月の真ん中の15日あたりなので「十五夜」ということらしい。
しかし、実際の月齢からすると、月の軌道が円でないことや、月齢がずれる関係から、旧暦の8月15日にあたる日が必ずしも満月ということではないのだそうだ。

十五夜にあたる曇り空の10月3日は月齢14.3。実際の満月の月齢からすると、次の日の10月4日が月齢15.3で満月である。
十五夜は昨日だったけど、中秋の名月は今日の方がふさわしいかと思えるような美しい月だった。


こよみのページ「暦と天文の雑学」
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm

◇月齢132009年09月04日 01時06分41秒

 
 
「9月の関東地方は残暑が厳しい」と天気予報では言っていたけど、実際お盆の16日にはすっかり秋の気配が顔を出していて、8月20日すぎには虫の声が聞こえ、9月に入るとすっかり空気は秋だった。
気温は高いけど、湿気が少なくてさらっとしている。
あの夏のむしむしした耐え難い熱気とは明らかに違う。

夜中に空を見上げると、羊雲に囲まれた13日目の月がぼんやりと月輪をまとっている。
すっきりとした夜空に雲と月のコントラスト。
おまけに木星も近くで明るく輝いている。



Copyright ©2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
無断転載を禁ず