Copyright & 2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
 無断転載を禁ず
Google
WWW を検索 げきだんしらかば を検索


◇なめたけを作る:レシピ2007年02月03日 06時36分52秒

 
昔うちの食卓には、瓶詰めのなめたけが必ずといっていいほど置いてあった。ぬめっとした食感が好きでよく食べていたが、一人になってから購入したことはない。結婚して、旦那がたまに「なめたけ食べたい」と言ったりしていたが、瓶詰めを買うと全部食べきれなかったりするので、この手のものを購入することは今までなかったのだ。

鍋をしようとえのきを沢山買ったけれど、食べきれなくて冷蔵庫に残ってしまったので、なめたけを自作してみた。
インターネットで調べてみて、レシピ颱風さんの手作りなめたけを参考にして、自分でちょっとアレンジしてみた。

■参考レシピ
レシピ颱風さん:手作りなめたけ
http://typhoon.cc/recipe/side-dish/nametake/

■材料(分量はだいたいです)
えのきだけ 1パック
塩 ひとつまみ
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
醤油 小さじ2

■手順
1.えのきだけの根元の固い部分切り落とし、3等分くらいに切る。固まっている部分は、ほぐしておく。

2.鍋にえのきだけを入れ、塩をふって中火で炒め、しんなりしてきたら酒を入れ弱火にする。
※レシピ颱風さんの作り方では、「酒を入れて10分蒸し煮にする」とあったが、このときなめたけを2パックつかったらふきこぼれてしまったので、蓋をしないで弱火にしてみた。酒を入れるのはえのきだけの臭みをとるためなので、蒸し煮にした方が効果的かもしれない。
テレビで以前見たときも、10分炒め煮にするとあったけれど、5分くらいで鍋いっぱいに泡がたってくる。今回は10分辛抱しきれなくて途中で3の手順に移ったが、できるだけ長く炒めてとろみを出すのがいいらしい。

3.10分ほど煮てえのきにとろみと泡が出てきたら、みりんと醤油を鍋に入れ、こげつかないよう弱火でかきまぜながら炒める。途中で味を見て、薄いようだったら醤油を足す。
※レシピ颱風さんの注意にもあったが、冷めると味が濃くなるので、あまり濃くしすぎないようにするのがポイント。

4.水分がなくなったら出来上がり。


ものすごく簡単。市販のなめたけよりさっぱりしているが、えのきのダシがものすごく引き出されていて、ごはんに沢山乗せて食べるとたまらない。ちょっと甘味が強いかなと思うので、次からはみりんは控えめにしてもいいかと思う。私は料理酒ではなく普通の日本酒を使っており、みりんも本醸造のものを使っているので、あるいはみりんはいらないかもと思った。使う素材に応じて好みの味にアレンジできるのがいいと思う。

ぴり辛にしたいときは、調味料を入れるときに七味を入れるか、最初に炒めるときに唐辛子を入れてもいいかと思う。
今回食べるときには、七味をちょっとふりかけて食べた。

この日のおかずは、白菜と豚バラ肉の醤油煮だったが、お肉にとてもよく合うように思う。保存用の容器に入れておけば数日はもつらしいので、また作って常備菜にしたいと思った。

コメント

_ たんばじま ― 2007年02月03日 10時25分57秒

私も偶然にも先週作ったところでした。
適当にみりんと酒と醤油で味付けたのですが、なかなかおいしかった。
とろみを出すポイントは炒め時間だったのですね。
再度挑戦してみますわ。

_ makura ― 2007年02月03日 19時56分15秒

私もこんなに簡単に作れるとは思いませんでした。
なめたけは買うもの、という固定概念があったのかもしれない。
レシピを見て作ったので、私も材料の量を書き出しましたが、概ね適当です^^; 

_ mikichin ― 2007年02月04日 23時14分40秒

初めまして。
レシピ颱風のmikichinです。
記事にしてくださり、とても嬉しかったです。
七味をかけると美味しいですよね。
酒飲みなので、結構お気に入りの組み合わせだったりします。
ところで、同じ北海道出身でそれだけで親近感が湧きました(←単純なので。)
これからもどうぞよろしくお願いします。

_ makura ― 2007年02月05日 00時13分39秒

mikichinさん、こんにちは。
レシピ参考にさせていただきました。ありがとうございます。
今日は、作ったなめたけをごはんに乗せて、のりと一緒に食べました。のりの風味とも合っておいしかったです。瓶詰めを買って食べるときはただご飯のおかずという感じだったけど、手作りすると色々とバリエーションが考えられそうです。
mikichinさんのサイトは、なめたけ以外にもおいしそうなものがいっぱいで、今後も参考にさせていただきます。

>ところで、同じ北海道出身でそれだけで親近感が湧きました

mikichinさんも北海道ご出身の方なのですね^^。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

_ kaeru ― 2007年02月05日 00時17分01秒

家は一瓶あっという間になくなるの。食べようと思ったらもうない・・・。なめたけってえのきだったんだ~。

_ makura ― 2007年02月05日 05時13分08秒

>kaeruさん

家族が多いと、一瓶すぐになくなっちゃうよね。
なめたけって今一瓶150円くらいかしら。だったら作った方がお得かもしれない。保存料とか入っていないから安心だし、いっぱい食べられるってのも魅力だと思う。簡単だからぜひ試してみてください。
ところで、なめたけって見たまんまえのきだと思うぞ^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
下記の文字を解答欄に入力してください。
しらかば

コメント:

トラックバック




Copyright ©2006 by makura GEKIDAN Shirakaba. All Rights Reserved.
無断転載を禁ず